Usotsuki Online

Do you believe in the magic of make-believe ?

2018 年のふりかえり

年末ということで雑多に 2018 年の振り返りをしてみる。

仕事

季節で業務内容を大きく変えているのだけど、今年の年初から秋頃まではリーダー的な業務を中心にしていた。自分が責任を負うべき KPI があり、それを達成するためにやるべきことを考え、提案し、実行する。プロダクトマネージャとかプロジェクトマネージャとか色々言い方はあるのだろうけど、ざっくり言えばその辺を全部ひっくるめた仕事をしていた。仕事割合で言うと一番多かったのは「何をすべきか」を考えること、その次に「どうプロダクトに落とし込むか」というデザイン業務の割合が多かったと思う。コードについては一部集中的に書いたものの、基本的には他のメンバーに委ねることが多かった。

こういう仕事をやるようになってから随分経ったけど、概ねどんな KPI であれ、再現性のある形で成果を出せるように感じているので、そういう意味ではチャレンジングな業務ではなかったかもしれない。ただ自分なりにこだわりを持ってプロダクトを作れるのは楽しいことだし、チームで一丸となってプロダクトづくりに取り組めるのも楽しいことだという認識を新たにした。一定の結果も出すことが出来たし、総じて楽しく仕事が出来た。

話が少し脱線するけれど、僕は「マネージャ」と「リーダー」は明確に違うものだと考えていて、自分自身が「マネージャ」ではなく「リーダー」になれたと実感出来たのはここ 1 年ぐらいのことである。「リーダー」は自身のあらゆる能力を総動員してチームあるいは事業に明確なアップサイドを生み出さなければならない。そのために必要なものは質の高いゴール設定であり、自ら設定した高いゴールを達成するための強力な実行力である。昨今「サーヴァント型のリーダーシップ」などという概念が提唱されたりしているが、僕はああいったスタイルで明確なアップサイドを生み出すことは難しいと思う。マネジメントの要諦は正しく成果を生み出すことであって、チームに向き合うことではない。言い換えればリーダーがやるべきことはコトに向き合うということであって、ヒトに向き合うことではない。もちろん人によるのだろうけど、自分の場合はあまりコミュニケーションが好きな方ではないし、チームの内面に意識を向け過ぎると、真正面からコトに向き合うことが難しくなるように感じている。はたして勤務先では 360 度 FB を採用しているが、その結果などを見ていても、ヒトではなく正しくコトに向き合い、一切の妥協をせず執念を持って粛々とやるべきことをやれば良いのだという確信が持てたのは良かった。自分に合ったスタイルの仕事が確立してきている気がする。

来年の抱負

というわけで今期も想定した通りの結果を出すことが出来たので「次は仕事のレイヤーを一段上げたいな」と考えていたのだけど、年末から経営メンバーの一員ということになった。これまで時々参加していた経営会議などにも、毎週参加するようになった。仕事内容がこれまでと大きく変わることはないつもりだけど、ますます責任が重くなったので改めて気を引き締めて頑張りたい。ちなみに直近の小さな目標としては「周りの経営メンバーに遠慮しなくなる」こと。経営会議に参加するようになって改めて理解したことは ① 皆が考えていることの多くは自分も考えていることである ② 経営メンバーというのは会社/事業をどうするかの意思決定に責任を持つ立場であること(当たり前なのだが) である。つまり自分自身で意思を持ってどうすべきかを発信していく責務を負っているのだということで、周りのメンバーに遠慮して良い立場ではないのである。今はまだ周りの経営メンバーの勢いが凄すぎて圧倒されてしまっているので、来年は臆せず発言出来るようにしていきたい。

プライベート

プライベートでは結婚 4 年目に突入した。生活は落ち着いているものの、色々チャレンジした年だった。

マンション購入

春頃にマンションを購入した。新築マンションなので出来るのはまだまだ先(2020 年!)なのだけど、まさか自分がマンションを——それも新築マンションを購入することになるとは想像していなかった。探し始めたときは中古マンションをリノベーションしようと考えていたのだけど、調べるほどに都内の中古マンションは割高であることが分かり(安く見えるのは旧耐震基準の物件ばかり)、もともと考えていたエリアに良い新築マンションが出たので半ば衝動買いすることになった。色々と当初の想定とは違う物件になったのだけど、まぁ勢いも大事だろうということで出来るのを楽しみにしている。

加圧トレーニン

昨年は「Dr. ストレッチ」に通い始めた。ストレッチの効果は圧倒的で、背中や腰の痛みがすっかり解消した。それまで夜ベッドで寝づらい日々が続いていたのだけど、ストレッチを始めてからは背中がしっかりマットレスに接地するようになり、ずいぶん眠りやすくなった。この結果に味をしめて今年新しく始めたのが、週に 30 分の加圧トレーニングである。柔軟性が上がってきたので、次は筋力をつけようという魂胆で始めたのだが、胸や肩周りを中心にずいぶん筋肉がついた。来年の目標は、弛みきったお腹を引き締めることである。年末ぐらいにシックスパックを目指したい。

英語学習

勤務先のグローバル化に背中を押され、にわかに社内で英語学習ブームが訪れたので、このビッグウェーブに乗るしかないと考えて 2 ヶ月ほど PROGRIT に通った。もともと英語は苦手意識が強く、この機会を逃すと二度と勉強しないのではないかと思ったのだった。PROGRIT では毎日 3 時間以上の英語学習が必要で、これは大変つらかったのだけど、なんとかやりきることが出来た。成果は多少数値にも現れているのだけど、一番良かったのは英語に対する苦手意識が一定克服出来たことではないかなと考えている。特に英語のプレゼンや動画に対して「ちゃんと聴こう」という姿勢で向き合えるようになったことは良かった。一方、PROGRIT を終えてからすっかり勉強時間が減っているので、来年は何かしら英語学習を継続出来る仕組みを作っていきたい。

旅行

今年は諸々の都合がつかず海外に行けなかった。ひとりで河口湖近辺の宿に 2-3 日ほど篭って小説を読んだり、北海道に行ったりした。本当は 11 月頃にもう一度温泉に行こうと思っていたのだけど、ついつい仕事をしてしまって機会を逃してしまった。北海道は昨年からオーベルジュを中心に泊まり歩いているのだけど、本当に良いところ。とはいえ国内で旅行するときは離島か北海道ばかり行っている気がするので、もう少し首都圏近郊の定宿も増やしていきたい。

読書

今年はあまり読書出来なかった。技術書はもちろん、小説を読む量も激減しており、やや危機感を感じる。今年読んだ中で圧倒的に面白かったのは朝吹真理子の『TIMELESS』という作品で、これは彼女の 7 年ぶりの新作小説である。ファンの欲目かもしれないが、あの傑作『きことわ』から比べても大きな進歩を感じられる作品で、2 回も読んでしまった。

TIMELESS

TIMELESS

来年の抱負

今年出来なかったことを中心に書くと以下になると思う。

  • レーニングの継続:特にお腹周りを引き締めてシックスパックを目指したい。
  • 英語学習の継続:スピーキングおよびリスニング力の強化。
  • 海外旅行:今年は国内旅行ばかりだったので最低一回は海外に行きたい。
  • 技術学習:最近は随分最新技術に疎くなってきたので、意識的にインプットを増やしたい。
  • アウトプット:学んだことをアウトプットする場が無くなって久しいので、何かしら蓄積する仕組みを作り直したい。

こんなところかな。色々やり過ぎな気がするので、年末年始にもう少し考えて絞り込みたいところ。