Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Usotsuki Online

Do you believe in the magic of make-believe ?

用事が無かったので久しぶりに外出もせず近場だけで済ませた週末だった。昼前に起き、コーヒーを淹れてトーストを食べ、部屋の掃除をして過ごした。欲しい服があったので買おうと思ったのだけど、冷静に考えると果たしてこの服をいったい何と合わせて着るのだろうと思ってしまい躊躇してしまう。単品で見ると格好良いんだけどなぁ。午後から少しコードを書いて、それから iPad で漫画を読んだ。夕方になるとお腹が空いたので料理をした。昆布と鰹で出汁をとり、鶏肉とささがきにしたゴボウを煮込む。余った出汁と昨日の残りものの野菜を使って汁物をつくり、これまた余った胡瓜と搾菜で和え物をつくる。歳を取ると出汁が旨いのである。

爪と目

爪と目

何が面白いのか自分には分からなかった。無駄に読みづらくするのは止めて欲しい。日常から外れる際のところを描こうとしているのだと思うけれど、しかし描かれる世界が余りにも狭く、かつ何のカタルシスも無くて面白いとは思えなかった。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

お風呂枠(お風呂では真面目な小説を読むと疲れるのでラノベもしくはエンタメ小説を読む)。直球で青春系のラブコメだった。現実には有り得ない話なんだけど、しかしむしろそれによって厳然とした現実に対する態度を描くというのはありそうで無かった新しい枠組みなのかもしれない。あと塩梅が良いのかな、飽きない程度に上手く話を進めてくれるのは嬉しい。青春は少しずつの人間関係の変化の中にあるものだから、やはりこういうジャンルにはラノベが強い気がする。