Usotsuki Online

Do you believe in the magic of make-believe ?

photo

朝から広尾で散髪して、なんとなく表参道まで散歩し、新宿で買い物をしてから有楽町で友達と映画を観た。『クロニクル』はすっごく面白い映画だった。思春期特有の学園生活の鬱屈・超能力を得た少年達の興奮・そして──を描くと物凄くネタバレになってしまいそうなので控えておくが、これはもしかすると今年一番面白かった映画かもしれない。低予算だけど面白い映画というのはときどき現れるものだけど、その中でも今作は図抜けて良かったと思う。何より超能力を得るまでと、そこからの日常生活の丁寧な描き方が本当に素晴らしい。中盤からは思わぬ(ある意味予想通り?)の方向に話が展開していくのだけど、その過程も、少年が自らを自己正当化する心理もいちいち納得出来るもので、これはある種の青春映画なのだなぁと強く感じた。やや突飛な題材を扱っているように見えるが、しかしそれによってむしろ普遍性を得たティーンエイジャーの話なのだ。すごく良かった!

そういえば『あまちゃん』も最終回を迎えた。「これはいったい何のお話なんだろう?」とずっと思っていたのだが、終盤になってクドカンの描きたかったことはコレだったのかと得心した。そのための道具立てはずっと揃っていたし、歌詞にも表れていたのに全然気付いていなかったなぁと思う。正直震災以降の展開は腑に落ちなかったけど、それでも最終回は少し泣きそうになった。特に最後のトンネルを駆けてゆくシーンは本当に素晴らしい。昨日までと地続きに、しかし確実に昨日とは違う明日からの世界への跳躍・青春の輝き……そんなものがぎゅっと詰まったドラマ史上屈指の名場面だった。良いドラマだったなぁ。

photo