Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Usotsuki Online

Do you believe in the magic of make-believe ?

友達に誘われて新橋演舞場まで『さくら橋』を観に行った。普段舞台はあまり観ない上に新橋演舞場なんて初めてだったのでどんなものかと思ったけど普通に面白かった。話は分かりやすいしテンポも良く、基本的に「楽しい」人情劇なので観ていて気分が良い。大道具の仕掛けも上手くてビックリした。客層はやっぱり比較的高齢の方が多いのだけど、若い人が観ても楽しめる舞台だと思う。しょうもない二流映画よりよほど面白い。舞台を観たあとはそのまま銀座でお茶をした。誕生日プレゼントもらった。気がつけばいよいよ 30 間近でホントに嫌になる……。夕方からはとあるスクールの体験レッスンを受けてみたのだけど、いまひとつだったので入会はせずにそのまま帰宅した。

灯台守の話 (白水Uブックス175)

灯台守の話 (白水Uブックス175)

最近ジャネット・ウィンターソンの『灯台守の話』を読み返していたのだけど、やっぱり自分にとってこの本は特別だと思う。「物語」の必要性・切実さ──「物語ることで人は救われる」ということ──そして赤裸々なぐらい真っ直ぐな愛の表現が、僕の心を震わせる。映画も音楽もそうだけど、小説だって結局のところ「面白い」か否かなんてその過半は「自分がその物語に共振できるか」にかかっている。それが自分にとって切実な何かと響き合う物語なのかということが何より大事で、そういう意味で僕にとってこの小説はマスターピースなのだ。気に入って貰えるか分からないけれど、自分にとって大切だなと思う人にもいつか読んでみてもらいたいと思う。