Usotsuki Online

Do you believe in the magic of make-believe ?

photo

25 時頃から久しぶりにずっと LINE してて結局 27 時ぐらいにお互い眠くなって寝た。他愛もない話しかしていないのだけど、そういう話を長々と出来る相手が居るということが嬉しくて、その相手がこの人であるということが素敵だなと思って、でもこの人もいつかずっと遠くに行っちゃうんだなぁと思うと何だか寂しかった。あと何度こういう思いをするのだろう。

起きたら 11 時を回っていて、ごろごろ寝転びながらテレビを見たり小説を読んだりしてベッドから抜け出したのは 12 時を過ぎていた。なんだか胸の辺りに重たいものが乗っかっていて何もする気が起きず、軽く昼食を作って食べたあと、TSUTAYA で借りた漫画をダラダラと読み耽っていた。15 時ぐらいに晴れてきたのでこのままではいけないと思って駅前のカフェに出掛け、コーヒーを飲みながら本を読んで勉強した。勉強を追えて外に出ると焼き鳥の匂いが鼻孔を擽った。ふと見遣ると新しく開店した携帯ショップの店員さんが着ぐるみを着て風船を持ち気だるそうに行き交う人々に声をかけていた。蒸し暑かった。空は高く遙か頭上には月があり、エンボス加工された文様みたいな月の海がはっきりと見えた。見えるのかな、と思った。あの人が居るところでも見えるのかな。スーパーに行くと美味しそうなカツオのサクが売っていたので今晩の夕食にすることにした。カツオの刺身とステーキ、きゅうりの酢の物、それから水菜と油揚げを炊いた。夕食を食べてから掃除をしたりアイロンをかけたりして、お風呂に入った。浴槽は綺麗に洗った。新しく買った入浴剤を入れたしボディタオルも変えた。本は持ち込まなかった。なんだか凄く、そんな気分だったのだ。