Usotsuki Online

Do you believe in the magic of make-believe ?

SDIM1684

イベントに参加するつもりだったので朝早く起きたのだけど、良く良く考えると然程興味のあるセッションも無いし、夕方のセッションだけ参加すれば十分かなと思い直してお昼前から美容室に出掛けた。美容室で何故かマイクロバブルシャワーヘッドなるものを勧められた。何やら確かにシャンプーが気持ち良い気がした。2 万円程度で毎日のお風呂が気持ち良くなるのであれば買っても良いかなーと一瞬考えたのだけど、最近衝動買いのし過ぎで後悔ばかりしているので踏みとどまった。来週になったら買っているかもしれないけれど。

お昼はちょっとしたフレンチを食べて、コーヒーを飲んでから夕方頃に新宿に向かった。都庁前には新宿中央公園という少し大きめの公園があって、雨のなか園内を歩いていると何だか昔懐かしい土の匂いがして、置き忘れたものを取りにきたような気持ちになった。降り込める雨が傘を伝って地面に落ちていく様を眺めながら少しだけ遠回りして散歩をしていると、そういえば何年も前にこの場所には来たことがあるぞと思い出した。この近くで長距離バスに乗って、雪の降る中を京都まで何時間もかけて帰ったのだった。あのとき自分の隣に誰か居たのだろうか、と思い出そうとしたが、一人だったような気もするし、二人だったような気もする。覚えているのは関ヶ原の辺りで積雪のためにバスが殆ど動かなくなってしまい、長時間バスの中で過ごしたということ、高速のインターチェンジでコーヒーを飲んだということだけだった。あれは一体いつの記憶なのだろう。少なくとも就職して東京に来てからではない。学生時代の彼女と来たのか、それとも就職活動で東京にやってきたときなのか。或いは全く別で、東京に遊びに来たときの記憶だったのだろうか。そんなことを思いながら歩いていると、学生時代に友人達と東京に来たときの記憶や、そのときに食べたマクドナルドのポテトが少し塩辛かったこと、スーツケースを引きながら駅構内を抜けてホテルに向かっていたときの他愛のない話などを思い出した。

イベントは案の定大した収穫もなかった。もういい加減学ぶべきところなのかもしれないけれど、受動的な態度でイベントに臨んでも殆ど得るものが無い。イベントで話されるようなことは遅かれ早かれネット上で共有されるし、理解度の異なる不特定多数に向けた発表は畢竟初心者向けの内容になるので全く面白みを感じられない。唯一面白いと感じられるのはやはり自分の興味のある分野についての「実例」のセッションで、もうこの手の発表以外は参加する必要ってあまり無いのではと思える。

2 時間ほど参加して疲れたので早々に退出し、家に帰って久しぶりにパスタをつくって食べた。シャッターを閉め切れば雨の音は殆ど聞こえなかった。テレビを眺め、ベッドに寝転がり、音楽を聴いた。洗いものをして、エスプレッソをミルクで割って飲んだ。小説を読もうとしても少しも読み進められず、仕方なく漫画を読み直してチョコレートが食べたくなった。そうだ明日はチョコレートを買いに行こう、そう思った。