Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Usotsuki Online

Do you believe in the magic of make-believe ?

しょうがの味は熱い

しょうがの味は熱い

ちょっと前に読んだ。

表題作はどうも 2008 年頃のスランプ期に書かれた作品のようで、いまひとつピンとこない作品だった。心理描写や比喩表現はいつも通り冴えているところもあるし、お互いの分かりあえなさ・もどかしさや焦燥感を生姜の味に喩えるのも綿矢りさっぽくて好きだけど、いまひとつ切れ味が良くなくてもやもやする作品だった。もっとザクザク切っちゃえばいいじゃんって思う。綿矢りさの面白いところはそこなんだから。

後編の『自然に、とてもスムーズに』は(滑稽に見えるかもしれないけど)お互いの問題を把握し、分かりあえなさを了解した上で、それでも一歩前に進んでみよう/歩み寄ってみようというふたりの姿が印象的でどこか清々しく力強い作品だったのだけど、それでもやはり昨今の綿矢りさの作品ほどの切れ味はなくどこか輪郭がぼやけているように思えた。