Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Usotsuki Online

Do you believe in the magic of make-believe ?

SDIM1618

職場の人と飲みに行って気がつけば終電を逃しており、タクシーで帰宅した。

仕事は多少慣れてきておおよそ今担当しているプロダクトのコードは抑えたし業務的な意味合いも理解出来てきたけど、じゃあこれからどうするのかというのがかなり不透明な感じだ。勿論当面はキャッチアップ期間ということで今の仕事を続けるわけだけど、そのあとは比較的大規模な基盤更改案件というものをやってくれと言われており、ただこれは正直それほど面白い内容だとは思えなくて何だか困惑している。とはいえじゃあいきなり新しいものをゼロベースで作らせてくれ!とか言ってもそれはマネジメントの人からするとリスキーだし、自分自身でもそんなに自信はない(新しい領域で経験値も無いし、何が起こるか分からない)のでやるしかないのかなぁという感じはある。

異動先のチームの人はそれぞれに優秀なところもあるのだと思うけど、やはり「普通」の人が多い感じがあって、今まで凄く優秀な人に囲まれていた身からすると、この環境に慣れすぎるといつか自分自身も変質してしまう(妥協するようになる)気がして良くないと感じている。この人達は保守をするには元のチームのメンバよりも優秀かもしれないけれど、新しいものを作れる人達ではないし、理想を追える人達ではないなと感じる。顧客との折衝や調整が上手く、相手の望む範囲で要望を掬い上げ、そこに自分自身の想像力を加えて出来る限り良いモノを提供しようとするスキルは勿論あるのだけど、自分自身で絵を描く人達ではない。僕の周りの人達は(自分達で吸収するので)コストなんて考えずに「とにかく『俺』が考える理想的なものを作り上げる」というマインドセットを持つ人達が多かったけど、どうやら最近はそうでない人達が多いなとは感じていて、今のチームの人達はまさにそんな感じなので少し残念に思う。

いずれにしてもこのままでは自分が思い描いていた通りの仕事を出来そうにはないので、何かしらもっと動いていかないといけないなとは感じて、ひとまず若手向けの勉強会の講師をすることにしてみた。少しずつ何かしらチームの底上げをしていかないといけない。