Usotsuki Online

Do you believe in the magic of make-believe ?

SDIM0110

心なしか空が高くなって、まだまだ暑いのに忍び寄る秋の気配。高層ビルの鏡面いっぱいに溜まった光が滴って地面に落ちて、名残惜しむように刹那の輝きを見せながら光の中に還ってゆく。綺麗だ、と思ったので写真を撮って Day One に記録したのだけど、残念ながら写真を取り出せないのだった(悲しい)。

ここ 1 年ほど自分の成長の鈍化を感じられずにはおられず、職を変えるなりして環境を変えないといけないのかなぁと思うのだけど、1 年前に職を変えないという決断を下したときの気持ちに立ち返ってやはり自分の気の持ち様が肝要な筈だと言い聞かせている。何かデモアプリを作りたい。ビジネスにつながりそうで、技術的もしくは業務的に新しい何か──それが見つけられずに途方に暮れている。