Usotsuki Online

Do you believe in the magic of make-believe ?

SDIM0095

23 時頃に帰宅。どうにも仕事に集中出来ない一日だった。好きな人との接し方に悩みを抱えると、その瞬間に思考が停止するというか、それ以外のことを考えることが覚束なくなり、大地震が起こったときの高層ビルのように足下はゆらゆらと揺れ、ついぞ先刻まで確かにここにあった地面は失われて波間に漂うサーフボードよろしく視覚や聴覚その他いっさいから入力される情報の波に翻弄される。好きな人だって人間なのだから機嫌の良いときだってあるしそうではないときもある。そうしてあれやこれやと悩んでいるうちに、全体としてそもそも嫌われているわけではないと信じることは大事なんじゃないかなという結論に達した。何をするにしたってまず信じることが大切なんだと思う。

先日『おおかみこどもの雨と雪』を観てから、凄く子供が欲しいなと思っている。好きな人と家庭を築くって幸せだろうなとも思う。「子育ては第二の人生」だなんて良く言うけれど、あれは本当だなとこの歳になってようやく考えるようになった。そもそも「好きな人と何かを作り上げていけたら良いな」「何年もかけて大切な人と何かを築きあげていくことが出来たら良いな」という想いはこの数年ずっと抱き続けていて、そこにすっと入ってきたのが「家庭」であり「子育て」なんだなと思う。自分もそんなことを考える歳になったんだなと思う反面、きっと叶わないであろう片想いなどに身をやつしていてはそんな日が訪れる機会は無いんだろうなと思って少し悲しくなる。