Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Usotsuki Online

Do you believe in the magic of make-believe ?

少し分かってきた気がする。はてなブログは所謂「ブログ」としての機能が脆弱で記事の「ストック」には使えない。たとえば過去記事を検索する機能は貧弱だし、カテゴリ分類してもドリルダウン出来ない。だから何かしら有用な情報の置き場所として使うには向いてない。でも書き心地は割と良い。「チラシの裏」みたいな「フロー」の内容を書き捨てておくには良い場所だなと思う。

日記をウェブ上で付ける意味って何かあるの?と聞かれると答えに窮するし理性的な行動ではないかもしれない。日記の置き場が複数に分散し(実際、僕の日記はローカルの HDD や DropboxEvernote やその他さまざまなウェブサービス──例えばはてなダイアリや Tumblr や Posterous──に分散している)収集が付かなくなる。けれど衝動的に文章を書き付けるという行為はおおよそ自分にとっては良いことだと思いたいし、それを実現するための方法としてウェブ上にこのような場を用意することは悪いことじゃない。また、少なくともこのような個人的な文章をウェブ上に公開しておくことで、いつか誰かがその文章を読んで救われることがあるかもしれない──そんなことを考えたりもする。少なくとも僕はそれで救われたことがある。完璧に見えるあの人が、チラシの裏で書いていた日記では悩んでばかりだった。一歩ずつ歩いていく彼の姿を見て、僕はとても勇気づけられたのだ。ここでうじうじと悩んでいる僕も、ウェブで活動している限りいつか誰かを救えるかもしれない──そんな想いがウェブ上で日記をつける大きな理由になっている。