Usotsuki Online

Do you believe in the magic of make-believe ?

2019/06/09 - 中途入社に求められるスキルについて

妻が旅行に行ったので一人の週末。こういうときは独身時代のことを考えてしまう。自分の性格もあるのだろうけど、この歳になると身の回りの友達も大方結婚して子供もいるし、誰かと気軽に遊ぶという感じでもない。これからもっと歳をとったら、一体どうなるのだろうなどと思ってしまう。

話は変わるけど最近仕事で優秀だな〜と思う中途入社の人がいて、何故そう思うのか考えてみると以下の要素に尽きる気がした。

  1. ベースとしてのスキルの高さを感じられる瞬間があること
  2. 分からないことや疑問に思ったことを周囲のメンバーや上司に率直に聞けるけど

1 については例えばエンジニアなら PR のクオリティなどに表れる。コード自体の品質・質問の精度の高さ・PR 上でのコミュニケーションの質の高さ(確認してほしいときにきちんとメンションを飛ばすなど)。

2 については分からないことを臆せず聞けること。これは色んな人に話しかけたり、重要な人物だと判断したら 1 on 1 を設定したり。必要なアクションを自ら積極的に取れることがキャッチアップの早さにつながる。

自分は当面は転職を考えているわけではないけれど、仮に転職することがあったらこのあたりは考えないとなぁと思った。

ミッション:インポッシブル - フォールアウト

びっくりするほどつまらなかった。要所要所の映像には見応えがあるものの、脚本の雑さ加減には匙を投げるしかない。

2019/05/21 - CTO/VPoE になるべきか

この記事はすごく良い記事だな。

logmi.jp

自分はまさにミドルマネージャで VPoE 的な仕事をしていると思うけど、人にそこまで興味があるわけではないのでそう名乗っていない。経営陣の末席にはいるけれど、特に名前がついているわけでもない。組織内のキャリアだけを考えると、今後どうしていくかは非常に悩ましい立ち位置だと自覚している。

抱えている課題

今後を考えると自覚している課題としては以下のようなところがある。

経営陣からの信頼

メンバーによっては十分信頼されていると思うけど、そうでないメンバーもいる。経営会議などで、経営レベルのディスカッションについて積極的な意見発信が出来ているとは言い難い。これはずっと課題に感じているのだけど、大きなビジネススキームの話をしているときって、エンジニア出身の僕のようなメンバーが意見を言うには知識も能力も足りなすぎるんだよなと思う。

第三案を出せない

やや保守的に考えがちだという自覚がある。経営レベルになると、日々発生する無理難題に対してソリューションをひねり出す必要が出てくるが、どうしても最初に「それは難しいのでこうしませんか?」という提案をしてしまいがち。これは結構後悔することが多くて、昨日も発生した。(昨日の件に関してはやや腹落ちしていないが)経営の視点に立って考えられていないのではないかというのがひとつ、誰も助けてくれない中、「こうやったら解決できます」という第三案を出せるのが経営メンバーに求められることなので、そういう姿勢で仕事をすべき、というのがふたつめ。

記事を読んでの気付き

いろんな気付きのある記事なのでいくつか引用しておきたい。

CTO をどうやって育てるか

「どう育てますか?」は、やっぱり一緒に本音で仕事することかなと思いますね。なので、僕の今抱えている課題を一緒に共有して、「じゃあどう解きますか?」というアプローチを一緒に作っていく。もちろん「考えてみて」というときもありますし、「一緒に考えよう」というときもあります。

そのときのプロセスであったり思考回路を見ながら、この人に任せても大丈夫そうだなと思えるかどうかというのと、やっぱり経営陣との相性もあると思っています。この人たちがボードメンバーに入ってきて会話してみての相性だったり。ボードメンバーからの信頼も得てるみたいのもやっぱり大事になってくるので、そういった人を任命するのかなと思います。

どうやって経営能力を身に着けるか

外部の人に会う・メンターを得る というのが大事。

僕の場合はやっていたことが2つあります。1つは「僕以外の人にメンターになってもらう」というのがCTO候補を考えたときにやってもらっていたことです。やっぱり僕とのみ1on1をやっていると視野は狭くなってしまうんですよ。視野というのは、いわゆるエンジニア同士の会話ということになってしまうんですね。

なので、例えば社長にメンターになってもらって、社長と1on1する時間をもってもらうと。そうすると、経営陣との対話も生まれるし、その視点の広がりというところでいつもと違ったインプットってやっぱり自分の考えを広げるのに役に立ちます。そういうところで自分以外のできる人にメンターになってもらって見てもらうというのは1つやってました。

もう1つやっていたのが、僕自身がそうだったのでそれをやってもらっていたというところがあるんですけど、次のCTO候補になる人に「もし自分自身が経営者になるとしたら、どういう組織にしていきたいのか?」というお題を考えて解いてもらうというのをやってもらっていました。

日々の業務があると普通に忙しくて、そういうのって考える暇がなかったりするんですけど、そういうところのお題を与えて解いてもらうことによって、「もっとこういうふうに組織ってなっていけるんじゃないのか?」という考え方の視点を広げるというところです。

今言った2つの部分、自分以外のところのできる方をメンターにつけるところと、経営課題として「実際自分だったらどうやる?」というところの思考実験も含めて、どんどん対話して考えてもらっています。

舘野さんのこれが出来るのは凄いなぁと思ってしまった。僕はどうも外に出ないタイプなので……。

僕から言いますと、2013年ぐらいに社長から「お前、経営になったらどうするの?」ってお題をもらって自分自身がやった時は、CTOやCEOの方に数十人くらい声をかけて会ったんですよね。

Next Action

そもそも社内のキャリアについて悩むのはおかしな話なので、もう少し広い視点で考えたいところ。 外部へのコネクションづくりを頑張らないと、これ以上は上に行きづらいなぁというのが本音ではある。

2019/05/19

甘えてしまって朝のカフェ通いをサボってしまい、夕方に行こうとしたら激混みで退散。とほほ。週末はやっぱり早起きしたいな。

チームの仕事のやり方を変え始めている。これまでよりもチームメンバー自身に自律的に動いてもらおうという試みだけど、やっぱり最初は上手くいかないことも多くて心配。ただ、今までだと「心配だから自分でやっちゃうか」というところを思い切って移譲することが可能になり始めているので、そのぶん自分自身が本来やるべき仕事を少しずつ出来てきている気がする。仕事をお願いするためには相応の準備が必要だけど、準備をするためには考えないといけないことも多く、結果的にそちらの負荷が増えて任せざるを得ない状態になっているのかも。ただ、こちらの方が健全な気はしている。

2019/05/12

GW 前週あたりから仕事の影響でやや停滞していた英語の勉強を再開。最近はオンライン英会話をやっているのだけど、Bizmates のカリキュラムは良く出来ているなぁ。単なる雑談ではなく、自分や仕事について話す機会が多いので、繰り返しているうちにだんだん話せるようになってきている気がする。一方でそろそろ勉強内容も変えていった方が良さそう。オンライン英会話をしているいま、シャドーイングは続ける必要があるのかやや疑問。また、瞬間英作文は一通り覚えてしまったので、通勤電車で聴いていても今ひとつ学びが少なくなっている気がする。どちらかというとリーディングスピードの改善をしたいと思って、多読を再開しようかなと思っているのだけど、アレは眠くなるんだよなぁ・・・ということで色々調べていたところ、多少なりともエンタメ性があった方が良いんじゃないかということで、英語でラノベを読んでみることに。WSJ や NYT を読むのはしんどいけど、これなら読めるんじゃないかという淡い期待を込めて一冊買ってみた。

将来のキャリアについて思い悩んだりしている。勤務先には CTO がいて、自分はすでに No.2 という立場なので、これ以上のプロモーションは難しい。今のところ全くその気はないが、いつか別の会社に転職することがあるとすれば、もう少し名前のついた役職が欲しいという気持ちは正直ある。でも僕はピープルマネジメントをそこまでやりたいわけでも(≒ VPoE)プロダクトマネージャを突き詰めたいわけでも(≒ CPO)エンジニアを突き詰めたいわけでも(≒ VPoT)ないので、なんだか難しいんだよな。CTO 的にそれぞれの領域を広く見るというのがやりたいのだけど、などと悶々としているのが最近の悩み。日本だと CTO と VPoE の二大巨頭体制が普通だけど、ふと海外だと果たしてどうなんだろうと思って調べてみたら、例えば Facebook なんかは巨大なだけあって様々な役職の人がいるようだ。

  • CTO
    • VP of Engineering & Infrastructure
      • VP of Product Engineering
      • VP of Infrastructure (DC)
      • VP of Infrastructure Foundataion
      • VP of Network Engineering
      • VP of Engineering * 2
      • VP of Connectivity * 2
    • VP of AI
    • VP of Blockchain
    • VP of Product Design

などなど。なんだかアタマが硬くなっていた気がするのだけど、役職なんて自分で考えてつくっちゃえば良いんだよなぁ。執行役員 VP of Product Engineering とか。

5 年ぶりぐらいに再開。この間も全くブログを書いていなかったわけではないけれど、色々なところに散在していて上手く見つけ出すことが出来なかった。回収出来た記事は一部このブログにインポートしたのだけど、それなりにロストした記録も多い。特に読書記録や映画鑑賞記録なんかは、ここ数年まとまったところにつけていなかったようだ。

復活させた理由は特にない。特にないのだが、久しぶりにこのブログを読み返す機会があって「ブログは長く続けることに価値があるなぁ」と感じたのだった。どうも 5 年ほど前の自分は、読者に分かりやすいようにブログやアカウントを使い分けていたようなのだけど、もうそんなことを気にする必要もないかなというのが最近の気分。なので、少しだけ他ブログの記事を取り込んでいる。

最近では note が人気のようだけど、やっぱり日記を書くなら「はてな」だよねぇという気持ち。 またときどき書こうと思うので、宜しくお願いします。